グレースファーム


人間の存在価値を重く主張。バイブルの視点に立ったトータルなケア。

トータルケアセンターは、精神・身体・知的障がい者の自立支援を行っています。人間の存在価値を重く主張するバイブルの視点に立ったトータルなケアを志します。 「あなたは口の聞けない人のために、また、すべての不幸な人の訴えのために、口を開け。 口を開いて、正しくさばき、悩んでいる人や貧しい者の権利を守れ。」聖書より 私達は、机上の活動計画に基づいて事業を展開したのではなく、自分たちの周りにヘルプを求めて来られる方々の必要に応えていくという流れの中で、少しずつ活動を展開し、その活動が形となってきました。精神障害・身体障害・知的障害といった枠を作らずに、健常者も障害者も「人は助けが必要である」という認識の上に、実際的、精神的なヘルプを行ってきました。TCCは、『自立支援』が一つのコンセプトと言えます。

トータルケアセンターは、“人の存在価値は地球よりも重い”という理念に基づいてます。ですから、いわゆる事業体ではなく、共働体という概念が当てはまるでしょう。人はひとりでは生きられず、互いに愛し合い、尊敬しあい、助け合って、共に生きる存在です。私たちは、人は誰とも同じではなく、個性が尊重され、だれも不必要な人はいないと信じています。さらに、人間の本質的に求めるものは愛であると考えます。現代の日本は利害関係によって構築された社会構造です。従って、自己実現の為に多くの人は忙しく、ハンディを持った方、生産能力の低い方は軽視される時代であります。マザーテレサが、「最も恐ろしいのは無関心である」と語りましたが、事実日本人の多くは、自分の利益のことばかり追求する心となり、無関心な愛の冷えていく社会になりつつあると言わざるを得ません。

私たちは、誰とも比較することのない唯一無二の尊い存在だと、自分の存在の意義を知って、自らのできることで、互いに助け合うことにより、利害関係ではなく、家族のような愛し合う関係ができるよう願っています。そこには、見栄は必要ありません。、劣等感や優越感を持つ必要はありません。強制(恐怖心によって行動すること)も必要ありません。ただ喜んで自分のできることを良心に従って行うのです。立場も関係ありません。上下関係はありません。人を蹴落として自分の欲望を満足させる社会はもう終わらせなければなりません。私たちはより良い地域社会を作り上げるべく呼びかけ、日本人が本来持っている正義感と自己犠牲の心、憐れみ、優しさ、ホスピタリティーが引き出され、“自分が生きる”人生から、“他者を生かす”人生へと始まることを願いつつ、地道に前進しております。

>> トップページに戻る