春野菜収穫中!

2019-03-06

春野菜収穫中

トータルケアセンターの建物の裏に小さな野菜畑があります。
みんなのお昼ご飯で使用するキャベツを本日収穫しました。
他にもネギやレタス、さやいんげんなど、小さな畑でも目一杯栽培してます。
ここでも春を感じますね

2019-02-27

春の訪れ

静岡県は春の陽気が届いております。
河津桜も超満開です
ここ最近の浜松は4月中旬の暖かさで、とても過ごしやすいです。
綿畑の準備をする為に耕す時に、雑草とは思えないほどキレイに咲いている花を見ると春を感じます
2019年度の綿畑、豊作であります様に

Shizuoka prefecture has arrived in spring weather.
Kawazu cherry tree is also in full bloom
The recent Hamamatsu is warmth in the middle of April and is very easy to spend.
When plowing to prepare cotton fields, I feel spring as I see flowers blooming so beautifully as weeds
As cottonfield, good harvest in 2019

2019-02-21

【麻糸産み後継者養成講座】浜松の日程が決まりました!

新カリキュラムでの開催です。

麻糸産み後継者養成講座

≪初級 1日集中(旧基礎)≫

5月18日(土)

11:00〜17:00(お昼休憩含む)

※昼食はトータルケアセンター運営のオーガニックカフェにてご注文をお願いします。

受講料:21,600円(税込)(テキスト・材料費込)

人  数:定員7名(女性限定・男性は紹介のみ)

持ち物:黒い布、箱や缶などの入れ物(10×10センチくらい)

※3名以上で開催

≪中級講座(旧アドバンス)≫

5月19日(日)

11:00~16:00(お昼休憩含む)

※昼食はトータルケアセンター運営のオーガニックカフェにてご注文をお願いします。

受講料:21,600円(税込)(材料費込)

人 数:定員7名(女性限定・男性は紹介のみ)

持ち物:テキスト、糸績み道具

※3名以上で開催

※初回受講はサークルが付いています

※パンツスタイルにてご参加ください

≪麻糸産みサークル≫

5月19日(日)

14:00~16:00

受講料:3,000円(税込み)(材料費別)

人 数:定員7名(女性限定・男性は紹介のみ)

持ち物:糸績み道具

※中級開催にて開催

……………………………………………………

開催場所 :トータルケアセンター 「麻の小屋」
静岡県浜松市北区三方原町2041-3
※JR浜松駅から送迎可。ご希望の方は申し込み時にお知らせください。

トータルケアセンターは、日本の伝統文化の継承を障害者とともに取り組む自立支援施設です。

詳細は下記サイトからご確認下さい!
よろしくお願いいたします。

https://ameblo.jp/sumitomochie/entry-12212646093.html?fbclid=IwAR3Kn1qfbgfFKbgAFRIqCS2P-Tw0-aPYH9S0dz7J7iBMDlJyj8gzm2PDfoI

2019-02-16

和綿の種、配布致します

「公益財団法人 静岡県グリーンバンク」にて、2018年度収穫 無農薬和綿の種配布のご案内を掲載させて頂きました!
基本的にNPO法人トータルケアセンターまで直接取りに来ていただける方となりますが、遠方の方は要相談可能です。

お問い合わせ・お申込:NPO法人トータルケアセンター 担当/中村
静岡県浜松市北区三方原町2041-3 電話053-414-5202 FAX053-523-7915
Mail tcc@npotcc.com
URL  www.npotcc.com

グリーンバンクは緑の応援団
グリーンバンクは、静岡県の各地域に緑を増やす為のハード(花の種、苗木等)の提供や、緑化ボランティアの育成、森を豊かに守ることを応援する”緑の応援団”です。

下記サイトからご確認できますので、よろしければご利用ください。
よろしくお願いいたします!

https://greenbank.or.jp/和綿の種、無料配布いたします%ef%bc%81%ef%bd%9eトータルケア

At the “Green Bank in Shizuoka Prefecture Shizuoka Prefecture Green Bank”, we posted information on the distribution of seeds of harvested organic cotton in 2018!
Basically it will be those who can come directly to the NPO corporation total care center, but the distant person can consult the necessary one.

Inquiries · Application: NPO Total Care Center / Nakamura
Shizuoka prefecture Hamamatsu city Kita-ku Mihabara-cho 2041-3 telephone 053-414-5202 FAX053-523-7915
Mail tcc@npotcc.com
URL www.npotcc.com

The Green Bank is a green cheering party
Green Bank is a “green cheering group” that supports the provision of hard (flower seeds, seedlings, etc.) to increase green in each area of ​​Shizuoka prefecture, cultivating greening volunteers, and protecting the forest richly.

Since you can check from the site below, please use it if you do not mind.
Thank you!

https://greenbank.or.jp/ Wrapping seeds, free of charge% ef% bc% 81% ef% bd% 9e Total Care

2019-02-13

 

「型紙から見る浜松と遠州における染色の技法とデザイン」のシンポジウムに参加して参りました

2月9日(土)、「型紙から見る浜松と遠州における染色の技法とデザイン」と言うシンポジウムに綿畑のメンバーと共に参加して参りました
染色分野はほとんど知識無く行ったのですが、かつては繊維の街浜松と言われただけあって、浜松ならではの染色技法とデザインの勉強となりました。
浜松にある型紙は、昭和8年(1933年)の相曽形染工場の設立以来、カゴヅケ(籠付、篭付)という機械染色に使用されてきたものだそうです。
カゴヅケとは、日本形染株式会社創業(明治33年・1900年)当時の技師長である池谷七蔵が開発した、両面形糊付機の円筒形の、真鍮製の型の形状からそう呼ばれるようになったといわれ、その技術は浜松のみならず、関東地方にも波及しました。
機械染色とはいいながら、型紙一枚一枚は職人の匠の技により彫刻されたものです。そこに遺された書き付けからは、染色業界の仕組みを読み解くことができます。
浜松市博物館では平成31年1月29日(火曜日)~平成31年3月3日(日曜日)の期間中に特別展「浜松の染色の型紙-機械染色の型紙を中心として-」を閲覧する事が出来ます。
もし興味がある方は是非ともご覧いただければと思います

On Saturday, February 9, I participated in a symposium called ‘technique and design of dyeing in Hamamatsu and the endangered seen from the pattern paper’ with cottonfield members
Although I went with little knowledge in the field of dyeing, as it was once said to be the city of fibers Hamamatsu, it was a study of the unique dyeing technique and design of Hamamatsu.
The pattern paper in Hamamatsu seems to have been used for machine dyeing called Kagetsuke (basketed, basketed) since the establishment of Aegasomi Plant in 1933 (1933).
Kagozuke is the shape of a cylindrical mold made of double-sided pasting machine developed by Shiko Iketani, the head of the engineer at that time (Meiji 33 and 1900) as so called from the form of brass mold It was said that the technology became not only in Hamamatsu but also in the Kanto region.
Although it is said to be machine dyeing, each piece of paper is carved by the skill of a craftsman’s artisan. From writing left behind, you can understand the mechanism of the dyeing industry.
At the Hamamatsu City Museum, during the period from January 29 (Tuesday) Heisei 31 (Sunday) to Heisei 31 (Sunday), the special exhibition “Hamamatsu dyeing pattern paper – centering on paper pattern of machine dyeing” will be browsed You can do things.
If you are interested, I hope you will see it by all means

>> トップページに戻る